ボランティアについて様々な観点からまとめました。得るものや学べること、就活やレポート、海外ボランティアや出会いについて。

ボランティアを装った詐欺について

 

 

残念ながらボランティアを装った詐欺も多くあります。

 

中でもよくあるのが、街頭募金詐欺。ペットや恵まれない子供達に募金を、という体面で募っていても、実質そのお金が寄付されないという詐欺です。住所や連絡先を公開していなかったり、お札しか受け付けていなかったり、活動の具体的な質問に答えられなかったりする所は怪しいでしょう。

 

このような団体は一応届け出だけしている所もあり、更に見分けが困難な場合もあります。それらしく見える登録でも種類によっては簡単にできるものもあり、実は大した実態がなくお金の流れが不透明という団体は腐るほどあるのです。中には日本赤十字社やあしなが育英会など、実際にあるまっとうな団体の名を語って募金を募る悪質な者もいます。また、時事問題に乗っかり、自然災害などの募金にいち早く反応する所などは詐欺の危険性が高いという意見もあります。

 

こういった詐欺に騙されないためにはどうすればいいでしょうか。全てを疑うのも世知辛いものですが、まず不明瞭な街頭募金を安易に信じない事です。寄付であれば今はほとんどがホームページからでもできます。災害が起きた時などは大手の団体のホームページに必ずと言っていいほど募金先が載せられるので、ユニセフや赤い羽根などの公式サイトから行うのが安全と言えるでしょう。

 

また、大手団体以外の寄付先も沢山存在しますが、募金する際はどういった問題から募金が必要とされているのかを調べたり、聞いたりしてから行うと尚いいでしょう。反射的に募金するのではなく、募金する側も社会的問題にきちんと目を向ける事が大切です。

 

廃品回収でもたまに詐欺が報告されます。いかにもボランティアです、無料で回収しますのように装っておいて、ふたをあけてみたら有料とか、勝手に片付けられてお金を請求されたりということがあります。こうした事をやってくる者は、いかにも公的な所から来たような感じで接してきたり、片付けるのが当然という態度で接してきたりするので注意しましょう。

 

その他にも、海外に行くと多いのが、ポストカードや花をさもプレゼントのように渡してきて、受け取ったらお金を請求するというものです。いかにも親切なフリをしてカメラのシャッター役を強引に引き受け、そののちお金を要求してきたりされることもままあります。猿や鳥などの動物と記念写真を撮らないかといって近づいてくる場合もあります。こういった人たちは、これはボランティアで受け取ったお金は恵まれない人のために使われるとか言うことが多いのですが、まずそんなことはありません。人のいい日本人を狙った、よくある詐欺なのです。

 

また、NPOの犯罪も考えていかなければならない問題です。以前はクリーンなイメージがあったNPO法人ですが、そのイメージを悪用する者が増え、今ではNPO=胡散臭いというイメージを抱く人も多くなってしまいました。助成金や寄付金をだましとったり、いかがわしい団体の隠れ蓑として使われることもよくあります。東日本大震災の緊急雇用創出事業費を着服した大雪りばぁねっとなどは記憶に新しいでしょう。

 

NPOの大半は真面目に活動している団体なのでしょうが、こういった一部の犯罪的行為のために、全体のイメージが悪くなってしまうのはやりきれません。こうした犯罪については行政の管理のずさんさも問題ですが、私達一人一人の意識も重要になってくるでしょう。このネット社会、おかしいと思ったら何かで声をあげる事はできます。内部にいる人も、所属している所が犯罪を犯しているなら告発するという選択肢もあります。